てんち の みちびき

なお です



こうべ での あいきどう しゅぎょう も



きょう が さいしゅうび です




いつか かん の たいざい は




やはり あっと いう ま だった





こうべ に いく しんかんせん の なかで




「にがつ じゅうはちにち まで は





いちにち にじゅうよじかん では なく






もっと ながく して くださいね!」って





てんち に おねがい しました が





てんち は かわらず





せいせいるてん して とまる こと なく






とても はやい そくど で 






とき は ながれて いった





あたりまえ たけど 






てんち は 






いつも びょうどう で





わたし の ささやかな ねがい など





かなえて くれない






やはり ちきゅう うちゅう に





そんざい する すべて の もの は





てんち に まさる こと は できない





あいきどう 






いこーる 






てんち の ほうそく






あいきどう






いこーる





てんち の すがた





さーふぃん





いこーる






てんち の ほうそく





てんち の すがた





はるか なんぜんきろ も かなた から






うねり に なって おしよせてくる





なみ の さいご の しゅんかん に





わたし たち にんげん が





かてる はず は ない





うみ の なか も 







りく の うえ も おなじこと







わたし たち は 







てんち に いかされて いる

 



「さーふぃん も あいきどう も







おなじです! なにも かわらない!





だから おれ たちは 





ずっと まえ から あいきどう を していた」





いぜん てらさき せいせい が 







おっしゃった ことば の おもみ が





いま に なって 






こころ に しみわたる






また こんな こと も いって くれた







「わたし は いずれ この みち に 






たどりつく ため に いかされて きた







わたし が そう なら







なお おまえ も そう!







さーふぃん を つうじた えん に めぐまれ






また この みち で えん に めぐまれた





この みち を あゆまねば ならない





てんち の はいざい だ!」






てんち が せいせい を つうじて






わたし を みちびいて くれた






と したら







わたし は てんち に まかせて








せいせい に みちびいて もらおう!






たとえ どんな こと が あっても






この みち だけは!








きょう は あさ から 







あまがさき で 







けん と じょう を 







しっかり ならって







ふじさわ に かえります






もう すぐ せいせい が おみえ に なります





それまで 







とういつ の いん






なお かく





12:30 追記 訂正



ほんじつ の こべつ おけいこ は




あまがさき では なく





おおじ すぽーつ せんたー でした




しつれい しました