「挨拶をする意味」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 2/5.2020


お問い合わせ・無料体験お氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで




日々の稽古



 

 「挨拶をする意味」



上沢教室


少年部  17:45〜18:45

大人の部  19:00〜20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

 上沢教室では、少年部から引き続き大人の部があります。

 

 

 

 

なので、少年たちが道場にいる間に、大人が道場に入ってくることが多いです。

 

 

 

 

今日の寺崎師範のお話は、挨拶をしよう。

 

 

 

 

なぜ挨拶しないといけないか?についてでした。

 

 

 

 

人と会ったら挨拶をする…

 

 

 

 

挨拶をする、という行為がそのまま、その人を認める、ということになります。

 

 

 

 

逆に挨拶をしない、という事は、その人を認めていない、無視をする、ということになります。

 

 

 

 

だから、挨拶が大事なんだよ、大きな声でハッキリと元氣よく挨拶をしましょう!という、お話でした。

 

 

 

 

子どもたちは素直にこの話を聴き、自分の中に受け止めました。

 

 

 

 

次々と来られる大人の会員さん、一人一人に、大きな声で、「こんばんは!!」と氣持ちのいい挨拶ができていました。

 

 

 

 

本日のお稽古

 

 正面打ち呼吸投げ

 

演武会に向けて、技を部分に分けて、丁寧に学びました。

 

 

 

 

大人の部

 

 

今日は、短刀取り、です。

 

 

 

 

剣や短刀を使って稽古する意味は何か?

 

 

 

 

それは、氣を途切れさせない事を学ぶための稽古です。

 

 

 

 

少しでも氣を抜くと、一瞬にして、切られます。






木刀を真剣と思い、刃は切れると認識し、真剣に稽古する。

 

 

 


 

 

 

 

 

それを積み重ねると、真剣を目の前にしたいざというとき、

 

 

 

 

木刀と思って対処できる。という、お話でした。

 

 

 

 

短刀取り胸突き一教

 

 

 まず、氣を出した短刀の受け渡しを繰り返し稽古。


 

投げは、氣を出して受けに短刀を渡す稽古。


 

 

そして、間合いの取り方。

 

 

 

 

一教技で手を取ったら、臍下の一点を下げることで、刃先が受けの顔と同じ方向を向くこと。







相手が握った短刀の取り方





 

 

 

 

など繰り返し稽古しました。

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

短刀取り胸突き一教

 

短刀取り胸突き小手下ろし

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

助教 石井ひろ子



お問い合わせ・無料体験お氣軽に合氣道琴心館寺崎道場まで

「取らせたときには、完結している」月曜日 鈴蘭台教室 少年部・大人の部 2/3.2020 文 助教 石井ひろ子




お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 



日々の稽古


 


「取らせたときには、完結している」

 

鈴蘭台教室  


少年部 18:00〜19:00

大人の部 19:00〜20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

今日は節分です。

子どもたちは全員出席でした。

 

 

 

 

節分の今日、お稽古の終わりに

 

 

 

 

寺崎師範が鬼のお面をつけて、子どもたちと豆まき!という、お楽しみがありました。

 

 

 

 

「臍下の一点から氣を出してやれ!」寺崎師範の激励に

 

 

 

 

子どもたちは鬼の襲撃に本氣で恐がり、必死で豆を投げていました。

 

 

 

 

とても愉しいひとときでした。

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

肩取り一教入り身

 

 

 

 

大人の部

 

 

5級審査基準

片手取り転換呼吸投げ

 

 

 

 

行書を丁寧にご指導いただきました。

 

 

 

 

投げは、臍下の一点を保持し統一体になってから、軽く握った片手を出します。

 

 

 

 

手と同じ側の足を出し、臍下の一点が向き合う形です。

 

 

 

 

投げは、受けの氣が入ってこないように、しっかり氣を出しておきます。

 

 

 

 

目線は相手を通り越した前方です。

 

 

 

 

逆半身で、受けに手を取らせたら、軽く後方に足を引き、両者の緩みをとります。

 

 

 

 

指先から氣を出し、相手を引き寄せながら転換します。

 

 

 

 

受けの肘の上に自分の肘を乗せて、指先と目線を進行方向に向けて臍下の一点から前に前に歩きます。

 

 

 

投げが止まると、遅れて付いてきた受けは、自分の横に並ぶかたちになります。


 

両膝を大きく開き、肘とともに一氣に身体を下にさげると、相手の態勢は自然と崩れます。

 

 

 

ドンッと下げたら、今度は両手を指先からふわっと上に上げて、最後は左右技で決めます。

 

 

 

 

受けはスライディングをとります。

 

 

 

 

左右行う。

 

 

 

 

どの技でも、相手に手を取らせたとき、又は相手の氣が動いたときにはすでに、技は完結している。

 

 

 

 

自分のなかでそのイメージができている。

 

 

 

 

あとは「心が身体を動かす」ので、そのイメージ通りに動けばよいだけ。

 

 

 

 

という、寺崎師範の言葉がとても印象的でした。

 

 

 

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場  

助教  石井ひろ子

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

「ヤル氣満々」日曜日 ヨークカルチャー加古川 日曜子ども合氣道 2/2.2020 文 助教 石井ひろ子




お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 

日々の稽古

 

 

「ヤル氣満々」

 

ヨークカルチャー加古川  

日曜子ども合氣道15:00〜16:00

 

 

 

 

今日は、女子が全員休みで、男子ばかりのお稽古でした。

 

 

 

 

今日の唱和は、この教室で、一番年少の小1の男子がしました。

 

 

 

 

一度もつかえず、「心身統一の四大原則」を暗唱したのには感心して、感動しました。


立派でした。

 

 

 

 

その後は、いつものように、いや、いつも以上に、大きな元氣の良い号令で、柔軟体操です。

 

 

 

 

みんな、氣が出ているね。

 

 

 

 


本日の稽古

 

 

胸突き小手下ろし

 

正面打ち呼吸投げ

 

肩取り一教

 

乱取り 多人数掛け(子どもたちの受身の稽古)


 

呼吸法

 

 

 

 

今日のお稽古の中でも、最後の乱取りが、一番氣がでていました。

 

 

 

 

寺崎師範が、最初は座って、次には立って、次々に多人数掛けをされます。

 

 

 

 

子どもたちは「はぁはぁ」言いながらも、途切れることなく、笑顔で、順次前回り受け身をしていきます。

 

 

 

 

このような稽古を通して、常に臍下の一点を意識して、事に当たることを体得し、身につけていくのでしょう。

 

 

 

 

合氣道 琴心館 寺崎道場 

助教  石井ひろ子

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

「合氣道を日常に生かす」土曜日 コープカルチャー神戸北 元氣になろう!こども合氣道 2/1.2020 文 助教 石井ひろ子

お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/





日々の稽古



「合氣道を日常に生かす」



コープカルチャー神戸北  


元氣になろう!

こども合氣道14:45〜15:45





今日は、コープカルチャー神戸北

8回目の合氣道教室です。





今日も、小3の男児が一名体験に来られました。





何か武道をさせたい、とお母さんは思われたそうです。





一時間の稽古内での演武会、昇級審査を控えての中の体験者ありです。





寺崎師範からのアドバイスをしっかり頭に焼き付け望みます。





体験の方には、立ち姿の統一と折れない腕で、





「心が身体を動かす」という、氣の原理を体験していただきました。





立ち姿の統一から体験していただきます。





始めにいつもの立ち方で立ってもらいます。






力が抜けている状態なので、肩を押すと、弱い力でも後ろに倒れそうになります。





次にいつも学校でしている、氣をつけ!の立ち姿をしてもらいます。





見た目には綺麗に立っているように見えますが、





今度は、肩と指先、そして上半身全体に力が入っています。





さらに、身体が後ろに反っています。





やはり、肩を軽く押しただけで、後ろに崩れます。





心身統一の四大原則の、

二、全身の力を完全に抜く。に反した格好です。





そして、3回目。

つま先立ちを数回してもらい、そっと踵をおろす。




つま先に重心がかかるので、やや前傾になります。





そして、足の親指と親指を結んだ中点辺りに重心をおく。





ここからが、さらに大事なところです。





「氣持ちをしっかり、前に向ける!!」ことを臍下の一点から伝えます。





さあ!準備ができました。





どうでしょうか?





同じくらいの力か、少し強く押しても、身体に粘りを感じてソフトですが、倒れません。





盤石になっています。

まさに、統一体ができています。





本人も体感できたようで、ニコニコ笑顔です。





お母さんにも同様にやってみてもらって、その盤石さの違いを「ほうっ」と頷かれていました。





心と身体を同じ方向に向けたとき、一番強い力を発揮できる、





心と身体を 同時に使うから、持てる力を100%発揮できるという事

をお話しました。





そして、同時に重みを下に置き、真にリラックスした時、落ち着ける。





心が身体を動かす!という、氣の原理をお伝えしました。





合氣道は、技を通して心身統一を学んでいきます。





そして、それを勉強や人間関係、日常に生かしていけなければ、意味がありません。





本日の稽古



片手交差取り呼吸投げ


正面打ち呼吸投げ


呼吸法





終わりに、合氣道のだるまさんが転んだ、を愉しくして盛り上がり、稽古を終えました。





合氣道琴心館 寺崎道場

助教  石井ひろ子




お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/

「華麗な受け身に、思わず…」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 1/29.2020 文 助教 石井ひろ子


お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/






日々の稽古


 

「華麗な受け身に、思わず…」


上沢教室

少年部  17:45〜18:45

大人の部  19:00〜20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

本日のお稽古

 

 

第二十体技 二人技 四方投げ

 

坐技半立ち横面打ち呼吸投げ

 

呼吸動作

 

 

 

 

第二十体技二人技四方投げは、初めての技です。

 

 

 

 

子どもたちは挑戦が大好きです。一生懸命に取り組みます。

 

 

 

 

三人一組になって、左右から、腕を両手で持たせる。持ち方は片手取り両手持ちと同じ持ち方です。

 

 

 

 

持たせた手の指先から氣を出して、中央に二人を引き寄せ、両腕をピタリと付けます。




二人の受けは自然と引っ付きます。引き続き臍下の一点から後方に下がり、

 

 

 

 

右か左かに少し導いた方に、受けの二人を同時に、四方投げします。

 

 

 

 

受け二人は、ぶつからないように注意しながら、後ろ受け身をとります。

 

 

 

 

坐技半立ち横面打ち呼吸投げ 前方投げで

 

 

 

 

寺崎師範が受けの模範演武で、華麗な受身を子どもたちに見せられた。

 

 

 

 

受けを取り、スッと立たれた瞬間、一人の活発な男子が、大きな拍手を贈りました。

 

 

 

 

そのカッコ良さに思わず叩いてしまった!という感じでした。

 

 

 

 

その物怖じしない、素直な、心からの賛美の行動…


とても微笑ましかったです。

寺崎師範も、思わず苦笑。


 

 

 

大人の部

 

 

独り技  後ろ手首取り前進技、

 

後ろ手首取り呼吸投げ 前方投げ


 

その後は、各個人の級に合わせた組み技の稽古。



 

新しく入門された方の稽古〜立ち姿の統一、後ろ受け身技、立ち上がるまで〜

 

片手交差取り四方投げ

 

 

 

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場

助教 石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/

 

「木の根っこ」火曜日 神戸常盤アリーナ 公認合氣道講座 1/28.2020 文 助教 石井ひろ子



お問い合わせ、お申し込み、見学、体験は下記
神戸常盤アリーナまで
https://www.mizuno.jp/facility/hyogo/hyogo-buntai/




日々の稽古


 

「木の根っこ」



神戸常盤アリーナ

公認合氣道講座  10:30〜12:00

 

 

 

 


全員お元氣に来られていました。

 

 

 

 

本日は、心身統一  氣の原理の中級審査を受けられる方がお二人おられます。

 

 

 

 

初級の審査項目から、一つ一つ全員で練習しながら、審査を進めていかれました。

 

 

 

 

合氣道を学ぶうえで、

 

 

 

 

根幹となる部分が、心身統一です。




心身を統一するための稽古法が、




呼吸法であり、集中法、拡大法であり、統一の印、氣のテストであります。

 

 

 

 

地上に伸びた、大きな木でも根がしっかり張っていないと脆く、木が大きければ大きいほど倒れてしまう。

 

 

 

 

綺麗な花を咲かせる木は根がしっかりしています。




見えない部分が大事です。

 

 

 

 

家も砂の上に建てたのではすぐに倒れてしまう。砂上の楼閣です。

 

 

 

 

土台が頑丈でないと、風雪、災害にも耐えられない。

 

 

 

 

合氣道もそれと同じことがいえる。

 

 

 

 

技をいくらたくさん覚えても、何にもならない。

 

 

 

 

統一体を学び、上記した、呼吸法などを日々積み重ねて稽古していくうちに、

 

 

 

 

知らず知らずのうちに、地下にしっかり根を張り、盤石な状態になります。

 

 

 

 

日常にこれを身につけて、万が一にも対応できる、

 

 

 

 

合氣道を学ぶ意味がここにあります。

 

 

 

 

お二人、中級に合格されました。





おめでとうございます。

 

 

 

 

組み技は、胸突き一教とその応用技を、時間いっぱい、繰り返しお稽古しました。

 

 

 

 

最後に、呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場   

助教  石井ひろ子

 



お問い合わせ、お申し込み、見学、体験は下記
神戸常盤アリーナまで
https://www.mizuno.jp/facility/hyogo/hyogo-buntai/


「理にかなった導き方」月曜日 鈴蘭台教室 少年部・大人の部 1/27.2020 文 助教 石井ひろ子

お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/






日々の稽古


 

「理にかなった導き方」



鈴蘭台教室  


少年部 18:00〜19:00

大人の部 19:00〜20:30

 

 

 

少年部

 

令和2年2回目のお稽古です。子どもたちは全員出席でした。

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

今日は子どもたちのリクエストを受け、演武会でする技を決め、お稽古しました。

 

 

K君、肩取り今日は氣が出ていたよ❗️

 

 

横面打ち四方投げ(入身)

 

胸突き小手下ろし(肩固め)


二名八級免状授与

 

 

 

 

大人の部

 

仕事帰りに熱心にお稽古に来られるHさん。

 

 

 

 

4級審査を控えておられます。

 

 

 

 

4級の審査基準の組み技

 

 

肩取り一教(入身・転換)を丁寧にご指導いただきました。

 

 

 

 

相手が強力な統一体の時、楷書では難易度が高いですが、理にかなった導き方をすると、スムーズです。

 

 

 

 

肩取り一教入身

 

 

投げは、全身の力を完全に抜きリラックスして、氣を出し

 

 

 

 

受けの全体を観るようにして、左半身で構える。

 

 

 

 

受けが右手で左肩を取りにくる。

 

 

 

 

投げは、腕の重みを最下部に置き、埃を払うかのように、受けの手を右手で撫で下ろし、

 

 

 

 

同時に、前進後進技をして、右足を引き寄せる。

 

 

 

 

撫で下ろした受けの手を下で一教に持ち、手首を効かせたまま、

 

 

 

 

引き寄せた右足を大きく一歩前に踏み出す。と同時に、

 

 

 

 

肩を中心に、円を描くように振り上げる。

 

 

 

 

一教を効かせた受けの指先を天に向け、左手を肘に添えて、相手の顔の方へ大きく返し、自分の臍下の一点に落とす。

 

 

 

 

受けの態勢は崩れ、右膝を着く。

 

 

 

 

次に、臍下の一点を下げることで、連動して受けの指先は頭と同じ方向を向く。

 

 

 

 

一教をかけた手を弛めず、相手を一切氣にせず、臍下の一点から前進する。

 

 

 

 

受けは腹這いにならざるを得ない。

 

 

 

 

投げは自分の膝頭を、受けの脇と手首に当て左右に開くようにして、しっかり固定する。

 

 

 

 

左右の手でそれぞれ手首方向、肩方向に左右に少し伸ばし相手の腕の緩みを取り、




臍下の一点から氣を出し、手首曲がる方向に極める。

 

 

 

 

受けの関節が柔らかい場合、腕を肩より上げる。

 

 

 

 

左右行う。

 

 

 

 

少人数でこそできる、詳しく丁寧なご指導でした。




しっかり身につけていきましょう。

 

 

 

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場  

助教  石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/

 

「心に届く声」日曜日 ヨークカルチャー加古川 日曜子ども合氣道 1/26.2020 文 助教 石井ひろ子


日々の稽古


 

「心に届く声」


ヨークカルチャー加古川

日曜子ども合氣道15:00〜16:00

 

 

 

 

寺崎師範が、出稽古のため、師範代稽古をさせていただきました。

 

 

 

 

ヨークカルチャー加古川  子ども合氣道、4回目の師範代稽古です。

 

 

 

 

今日は、一人お休みでした。出席の子どもたちは、元氣に道場に入ってきました。

 

 

 

 

私にも大分慣れてきたみたいです。親しげな表情を見せてくれます。

 

 

 

 

昨日、寺崎師範から

 

 

 

 

「柔軟体操、合氣体操の号令、そして子どもたちへの声かけ、すべて、臍下の一点から声を出してみ!そうしたら、子どもたちに伝わるんや」

 

 

 

 

とアドバイスを頂いていました。

 

 

 

 

お稽古が始まるまでの時間に、私は呼吸法をして、統一体で氣を出して稽古に望みます。

 

 

 

 

さあ!始めの挨拶から、体操も臍下の一点!です。

 

 

 

 

おやっ?子どもたちの姿勢、態度がいつもと違う。

 

 

 

 

お稽古中も、臍下の一点から声をかけると、ちゃんと聴いている。

 

 

 

 

終始、臍下の一点から声を出す。

 

 

 

 

姿勢が乱れがちな、一年生もいつもより、今日は静坐ができています。

 

 

 

 

最後に一線に並んで話を聞くときも、良い表情で真っ直ぐこちらを見ています。

 

 

 

 

寺崎先生❗️すごい❗️

先生のアドバイス通り、臍下の一点から声を出したら

 

 

 

 

子どもたちに言葉が伝わった!

 

 

 

 

代稽古で、貴重な体験をさせてもらえた1日でした。




ありがとうございました🙇




感謝です!

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

胸突き呼吸投げ(素通り)

 

横面打ち素通り

 

正面打ち小手下ろし(前受け身)

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教  石井ひろ子

「相応した稽古」金曜日 学園都市カルチャー 小・中学生合氣道 1/24.2020 文 助教 石井ひろ子




日々の稽古


 

「相応した稽古」



学園都市カルチャーセンター

小・中学生合氣道 19:15〜20:30 

 

 

 

 

寺崎師範が、出稽古でご不在のため、代稽古をさせて頂きました。

 

 

 

 

一人、お休みでした。

 

 

 

 

元氣の有り余る少年たちです。




今日の組み技は、勢い良く前受け身ができる技を選択しました。

 

 

 

 

本日の稽古


 


胸突き呼吸投げ(素通り)では、

 

 

 

 

習い始めの頃は、受けは胸を突きにいった後、

 

 

 

 

屈んだ投げの、少し横後方で、前回り受け身をとる練習をします。

 

 

 

 

本来、受けは、屈んだ投げの背中の上方を飛び越えて前回り受け身をします。

 

 

 

 

そう指導すると案の定、「飛んでいいん?」と彼ら。

 

 

 

 

臍下の一点を意識して、氣を出してすること。飛び越えたら、前回り受け身をするよう伝えました。

 

 

 

 

身軽に飛び越え、できていましたが、一番氣をつけなければならないのは、事故、怪我です。

 

 

 

 

愉しくしながらも、尚且つセーブも必要です。

 

 

 

 

年齢や上達に相応し、また安全なお稽古を如何にしていくか、指導代稽古の課題です。

 

 

 

 

その後、

 

 

横面打ち素通り

 

正面打ち小手下ろし(前受け身)

 

坐技半立ち横面打ち呼吸投げ

 

 

を続けてやりましたが、少年たちは、最後まで元氣に受け身をとっていました。

 

 

 

 

若いって素晴らしい❗️

 

 

 

呼吸動作、呼吸法をして、氣を整えて終わりました。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教  石井ひろ子

「心身統一の四大原則は深い」金曜日 名谷南会館 氣と呼吸法教室・親子合氣道 1/24.2020 文 助教 石井ひろ子


お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/





日々の稽古



「心身統一の四大原則は深い」



名谷南会館 2階和室


氣と呼吸法教室 13:45〜15:00

親子合氣道 16:45〜17:45

 

 

 

 氣と呼吸法教室



 

寺崎師範が、出稽古のため、代稽古をさせていただきました。

 

 

 

 

お一人お休みでしたが、来られている方は、熱心で真剣です。

 

 

 

 

今日は、藤平光一先生の御著書、『氣と健康』の中から、

 

 

 

 

第三章「氣圧療法」の箇所の読みあわせをしました。

 

 

 

 

氣圧療法を学ぶ時には、先ず第一に「心身統一の四大原則」に基づいて

 

 

 

 

心身統一を会得し、その上、氣を出す方法を学ばねばならない。

 

 

 

 

氣の欠乏を起こさないためにも、それが必要である事が、書かれてあります。また、

 

 

 

 

『心身統一の状態は、天地の氣と、自分の身体の氣とが交流している時である。

 

 

 

 

人に氣を送ればその分だけ新たに氣が入ってくる。




天地の氣は無限である。

 

 

 

 

いくら使っても尽きるということはない。

 

 

 

 

人のために尽くせば尽くすほど氣の交流が良くなり、

 

 

 

 

自分自身がますます健康になるのが、氣圧療法の他と異なる特徴である。』

 

 

 

 

と示されてあります。

 

 

 

 

この機会を与えていただく中で、

 

 

 

 

何事も、基本は心身統一即ち、




「心身統一の四大原則」を会得することに尽きる事を、改めて学ばせて頂きました。




感謝です。

 

 

 

 

その後、

 

 

統一の印

 

集中法、拡大法

 

呼吸法40分

 

 

をしました。

 

 

 

 

親子合氣道



 

引き続き、代稽古をさせていただきました。




一組の親子がお休みでした、他の親子の方々は、全員元氣に来られていました。

 

 

 

 

限られた空間の中で、如何に安全に、愉しく氣持ち良くお稽古を進めていくか、

 

 

 

 

寺崎師範のやり方を頭に浮かべ、

 

 

 

 

常にその事を考えながら進めていく必要を、学ばせて頂きました。

 

 

 

 

今日の組稽古は、

 

 

片手取り入り身呼吸投げ・楷書

 

片手交差取り呼吸投げ・草書

 

両手取り四方投げ

 

最後に、呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教  石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/