「事故を予防する」水曜日 上沢教室 少年部・大人合氣道 1/15.2020 文 助教 石井ひろ子


お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/






日々の稽古


「事故を予防する」


水曜日 上沢教室


少年部17:45〜18:45

大人クラス 19:00〜20:30

 

 

 

 

少年部

 

 

先週の水曜日は警報で少年部は、休みでした。

 

 

 

 

令和初の水曜日の教室です。

今日は、待ってましたとばかりに、多くの子どもたちで道場は満杯でした。

 

 

 

 

新年初めて会う人には、

きちんと新年の挨拶もできていました。

 

 

 

 

今日の組技は、

 

 

両肩取り呼吸投げ前方投げ

 

両肩取り呼吸投げ切り返し

 

 

2つとも初めての技です。

 

 

 

 

技の型が面白い、と言って子どもたちは笑い、道場には氣が溢れ、意氣揚々と稽古を始めます。

 

 

 

 

背丈を合わせて、二人組になります。

 

 

 

 

受けに、両肩を掴ませての、足の引き方や、下から上に導くやり方、続いて深くお辞儀をする形に戸惑いながらも、

 

 

 

 

初めての技も、アドバイスを受けながら、子どもたちは、身につけていきます。

 

 

 

 

とても活氣のある、愉しい年の初めの水曜教室でした。

 

 

 

 

大人クラス

 

 

始めに、近々四級の審査を受ける方を対象に、一人技の稽古です。

 

 

 

 

一教技、前後技、八方技、前進後進技を

 

 

 

 

お互いに統一体を確認しながら、稽古しました。

 

 

 

 

次に、四方投げの正しいやり方です。

 

 

 

 

合氣道の技で一番怪我が多いのが四方投げですが、合氣道の基本となる関節技です。

 

 

 

 

しっかり、習って事故、過ちのないよう正しく稽古をしなければなりません。

 

 

 

 

ポイントは、事故にならない腕の位置と落とし方です。

 

 

 

 

寺崎師範と指導部によるお手本の後、二人組で、繰り返し稽古しました。

 

 

 

 

四方投げは組技のなかでも、一番事故が多い。

 

 

 

 

それは逆関節で投げてしまうと骨折などの事故に繋がる危険性が高いからです。

 

 

 

 

このような事故をおこさないためには、

 

 

 

 

受けの腕を取り、氣の方向に四方投げをする際、

 

 

 

 

相手の手を上に挙げた後、投げは、しっかりと腰を撚り、相手の方を向く。

 

 

 

 

そうすれば、受けの脇は自然に締まり、肘が下がった位置で、

 

 

 

 

順関節で真下に落とす事ができる。

 

 

 

 

また、このとき、肘が上がっている状態であっても、

 

 

 

 

手首を肩辺りに置き、相手の腕を捻らず、真下に落とすと順関節が保持でき、安全です。

 

 

 

 

要は、逆関節にして、落とさない事です。

 

 

 

 

後半は、各個人が目指す昇級、昇段に向けての組稽古と呼吸動作をしました。

 

 

 

 

技は正しく覚えて、積み重ねていくと、上達すると同時に、安全にも繋がります。

 

 

 

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道琴心館 寺崎道場

助教 石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/

「導き方を学びたい‼️」火曜日 神戸常盤アリーナ 公認合氣道講座 1/14.2020 文 助教 石井ひろ子



日々の稽古



「導き方を学びたい‼️」


神戸常盤アリーナ


火曜日 公認合氣道講座 


10:30〜12:00

 

 

 

年初二回目の教室です。お二人お休みでした。




出席の方々は、皆さんお元氣でした。

 

 

 

 

今日は3級の技を一つ一つ区切りながら、学びました。

 

 

 

 

肩取り二教(入身、転換)

 

 

肩取り三教(入身、転換)

 

 

肩取り四教(入身、転換)

 

 

両手取り呼吸投げ(前方投げ)

 

 

横面打ち呼吸投げ(前方投げ)

 

 

の順に、組んで通して稽古しました。

 

 

 

 

肩取りでは、

 

 

 

 

受けは、力を抜いて、腕の重みを下に置いて、ふわーっと、肩を取りに来ます。

 

 

 

 

力を抜いて、と頭ではそう思っても、身体にそれが伝わらないのです。

 

 

 

 

何故か男性は特に棒のような腕です。

ガチガチに力が入っています。

 

 

 

 

私も寺崎師範から、もっと力を抜くんや!とよくご指導を受けます。

 

 

 

 

ガチガチに力の入った腕や身体を、人のせいにせず、どうやったら、自分も相手も氣持ち良く、導けるのか?

 

 

 

 

寺崎師範の姿を見させていただいていると、

 

 

 

 

相手が誰であっても、技を掛ける姿が変わりません。

 

 

 

 

その姿は、統一体で、重みが常に下にあり、盤石で、

力でなく、臍下の一点から、氣で、導いておられます。

 

 

 

 

今日もそうでしたが、受けを取らせていただくと、氣持ち良く、ふわーっと投げられます。

 

 

 

 

寺崎師範のお姿は、心身統一の四大原則の姿そのものです。

 

 

 

 

常に日常で、心身統一の四大原則を意識して、

 

 

 

 

自分も真のリラックスを日常生活に取り入れ、

 

 

 

 

稽古を正しく重ねて、

 

 

 

 

力の入った腕や身体を、氣持ち良く、導けるようになりたい❕なります‼️

 

 

 

 

最後に、呼吸法。

 

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教 石井ひろ子

「合氣道を学ぶ意味」金曜日 名谷南会館 氣の呼吸法・親子合氣道 1/10.2020 文 石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/





「合氣道を学ぶ意味」


金曜日    名谷南会館 


氣の呼吸法・親子合氣道


13:45〜15:00

 

 

 

 

この教室年初のお稽古です。

一人お休みでしたが、来られている方は、熱心です。

 

 

 

 

今日は、合氣道をして氣の原理を学んでいる者と、そうでない者との違い、

 

 

 

 

という寺崎師範の体験による講話から始まりました。

 

 

 

 

やはり、ここでも大事な事は、

「心が身体を動かす」「潜在意識」です。

 

 

 

 

自分で言い切る❗️事が必要。

 

 

 

 

身体が少々不調な時でも、

人に、熱が出るかも?と

言われても、その言葉に惑わされず、

 

 

 

 

「自分は熱は出ない‼️」

「風邪はひかない‼️」

「インフルエンザにはかからない‼️」と言い切る。

 

 

 

 

思うだけではなく、言葉に出して言うと、

 

 

 

 

その声を、誰よりも自分の脳が聴いているので、更に潜在意識に入り、効果的です。

 

 

 

 

日々耳にする、マイナスの言葉はフッと吹き飛ばし、

 

 

 

 

潜在意識に入れない事がとても大事です。

 

 

 

 

乾燥する、冬こそ呼吸法❗️です。

 

 

 

 

呼吸法をしっかりして、統一体で、心身を整え、

 

 

 

 

またこの一年も、身体を傷めず、天地に従い、共に元氣に過ごしましょう。

 

 

 

 

(稽古内容)

 

 

寺崎師範の講話

 

統一の印

 

集中法、拡大法

 

呼吸法40分

 

 

 

 

親子合氣道16:45〜17:45

 

 

 

 

こちらも年初のお稽古初めです。

 

 

 

 

皆さん笑顔で、新年の挨拶を交わし、元氣な空氣で、和室は満たされています。

 

 

 

 

今日の組稽古は、後ろ手首取り、でした。

 

後ろ手首取り小手下ろし

 

後ろ手首取り一教

 

 

呼吸動作〜片手で導く、両手で導く〜

 

 

 

 

組稽古のときの、身体の大きさの違いも稽古のうちです。

 

 

 

 

合氣道 琴心館 寺崎道場 

助教  石井ひろ子



お問い合わせ、無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

https://aikido-kinshinkan-terasakidojo.net/

「稽古が愉しい🎵」金曜日 学園都市カルチャー 中学生合氣道 1/10.2020 文 石井ひろ子




日々の稽古


「稽古が愉しい🎵」


金曜日 学園都市カルチャー


中学生合氣道 19:00~20:30

 

 

 

令和2年お稽古初めです。

 

 

 

 

一人お休みでしたが、中学生たちが三々五々、元氣に道場にやってきました。

 

 

 

 

前年稽古納めの日に、対象者が、めでたく二級審査に合格しました。

 

 

 

 

今日は昇級審査基準にはない、杖投げの稽古です。

 

 

 

 

少年たちは、杖や剣が大好きです。

 

 

 

 

生き生きとニコニコと稽古に励みます。

 

 

 

 

そして、稽古が終わり、正面と師範に礼をし、

 

 

 

 

最後に皆で礼をして、終わります。

 

 

 

 

そして、使わせて頂いたマットを拭き、片付けを、済ませたのちは、

 

 

 

 

着替えしながら、ひとしきり、おしゃべりタイムです。

 

 

 

 

男の子ばかりですが、その賑やかな事❕

 

 

 

 

楽しいひとときです。

今日は杖投げの後のせいか、

 

 

 

 

一段と氣の出た、活氣あるおしゃべりタイムでした。

 

 

 

 

聞いている私も愉しい。

 

 

 

 

こんな氣持ちにさせてもらえてありがたいなあ🎵

 

 

 

 

本日の稽古

 

 

杖投げ四方投げ

 

杖投げ前方投げ

 

杖投げ呼吸投げ

 

最後に呼吸法。

 

 

 

 

合氣道 琴心館 寺崎道場 

助教  石井ひろ子

「日々、身につける」土曜日 コープカルチャー兵庫 はじめてみよう!子ども合氣道 12/28.2019 文 助教 石井ひろ子




日々の稽古



「日々、身につける」


コープカルチャー兵庫  

はじめてみよう!子ども合氣道

土曜日14:15〜15:15





今日は、コープカルチャー兵庫

令和元年稽古納めです。




全員出席、子どもたちは皆元氣です。



今日は、ここでお稽古している小学1年生の子ども達が、近い将来



昇級審査を受ける9級の技、

2つを交互にお稽古しました。




片手交差取り呼吸投げ


胸突き小手下ろし



以前習った技ではありますが、

忘れている部分もあり、



寺崎師範のアドバイスを受けながら、



繰り返しお稽古することにより、

できていきます。



男子中学生が小学1年生と組んでいます。



大きな背の差です。



誰に言われるでもなく、

中学生は身体を屈め、小さくなって、受けをとってあげていました。



こういう姿を見るとき、

私は感動の涙が出ます。



まさに、合氣道五原則の

「相手の立場に立つ」

そのものです。



合氣道のお稽古を通じて、
身につけてくれてるんだと思えて、とても嬉しい一場面でした。




組技の稽古の後は、



寺崎師範の愛一杯の、

年末恒例のお楽しみ、

「氣のお菓子掬い」です。



ただのお菓子掬いではありません。



最初から最後まで、

氣を途切らせずに、

お玉でお菓子を掬って

床にそっと置きます。



落としたお菓子は返さないといけません。



新しい事をするとき、

日頃と違う子ども達の表情や言動が垣間見えるのも、また楽しいです。



最後に姿勢を正して、呼吸法。




令和二年も元氣にお稽古しましょうね❗




合氣道 琴心館 寺崎道場
助教  石井ひろ子

「氣を切らさない」金曜日 学園都市カルチャー 中学生合氣道 12/27.2019 文 助教 石井ひろ子




日々の稽古



「氣を切らさない」


学園都市カルチャー  19:15〜20:30




令和元年お稽古納めです。



一人お休みでした。





横面打ち切り返し



楷書から草書までお稽古しました。


受けが、右で打ってくる場合、


投げは、前進後進技と同時に、



左手折れない腕で、打ってきた相手の右腕を下に落とし、右手も添え、



自分の臍下の一点に引き寄せる。


左手を放し、後ろに伸ばす。この時、腕は肩より上には上げない。


肩より上に上げると、上半身に力が入り、統一体が崩れてしまいます。


次の瞬間、くるっと相手と同じ方向を向き、


左腕を、相手の右腕の下方に当て擦りあげる。


氣を前に出して、その手は下におろす。


同時に、左足をトトーンと前に進め、後ろ足を引き寄せる。


受けは前受け身をする。


本日の稽古


組み技


横面打ち切り返し


横面打ち呼吸投げ十字入身


横面打ち小手下ろし円運動


横面打ち四方投げ 入身 草書


呼吸法。




中学生たちは冬休みに入り、年末年始を迎えます。


新学期が、始まる日は決まっています。


その日まで、氣を途切れさせないことが大切です。


そのためにどうすればいいか?


夜寝る前に、新学期が始まる日の事を、頭に描く。


朝何時に起きて、顔を洗って、朝御飯を食べて、何時に家を出る。


具体的にイメージするのです。


これを毎日繰り返す!


そうすれば、氣が途切れず、始業式当日を迎えることができ、スムーズに三学期に入っていけます。



寺崎師範の貴重なお話で、



締め括られた、今日のお稽古でした。




合氣道 琴心館 寺崎道場
助教  石井ひろ子

「氣を弛めない」土曜日 上沢教室 大人の部 12/21.2019 文 助教 石井ひろ子

 

 

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 

日々の稽古


「氣を弛めない」

 

土曜日 上沢教室

 

大人クラス17:30〜1930

 

 

 

 

本日は上沢教室 土曜日大人の部 令和元年のお稽古納めです。

 

 

 

 

本日の組技

 

 

短刀取り胸突き一教

 

 

短刀取り逆手持ち横面打ち五教

 

 

太刀取り胸突き小手下ろし

 



 

短刀取り胸突き一教

 

(右で突いてくる場合)

 

 

 

 

受けが、右手に持った 短刀を突いてきます。

 

 

 

投げは受けの氣が動いた瞬間を察知して、

 

 

前進後進技で 後進しながら、

 

 

 

突いてきた短刀を持つ受けの手を、さっと右手で避けます。

 

 

その手を一教の手に持ち変えて
 

 

 

受けの肘を来た方向、顔の方に返して、

 

 

右足を大きく一歩出して、一教技を極めます。

 

 

この時、臍下の一点を下げていくので、短刀の刃が下を向き、

 

 

刃先は、受けの頭の方向に向きます。

 

 

この技では、継続して一教の手を緩めない事が大事です。

 

 

 

 

寺崎道場 少年部 年末恒例の

 

 

 

 

「氣のお菓子すくい」を大人も楽しみました!
 

 

 

 

最後に呼吸法をして令和元年のお稽古を終えました。

 

 

 

合氣道 琴心館 寺崎道場
助教  石井ひろ子

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

                                       

「正しい事を積み重ねて上達する」上沢教室 7/31 2019 文 助教 石井ひろ子

 

 

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 

日々の稽古
「正しい事を積み重ねて上達する」
 

 

 

 

水曜日  上沢教室 7/31  2019  

文 助教 石井ひろ子


少年部 17:45~18:45

 

 

 

 


今日もたくさんの子どもたちが、





元氣よくお稽古に来ていました。





ニコニコと楽しそうで、氣が出ています。





お稽古が休みの間、師範から宿題が出されました。





一日に一つ善いことをしましょう。





家族、友達、困っている人がいたら、助けてあげましょう。





地球のためになることを何かするのもいい。





そして、したことをノートや紙に書きとめて、





見せてください、と。





もう一つ、





笑顔で過ごしましょう。





苦しいときや悲しいときにこそ、





笑って氣を出しましょう。





子どもたちは、頷いて真剣に聴いていました。
 

 

 

 

 

休み明け8月21日水曜日に





会えるのが楽しみです。





本日のお稽古内容
 

 

 

 

 

片手取り両手持ち呼吸投げ8の字





片手取り両手持ち円運動





胸突き小手下ろし







大人の部 19:00~20:30

 

 

 



片手取り一教転換楷書を





初めから丁寧に教わりました。





(楷書)

お互いに逆半身で向き合い、





投げの人は、手の甲を上にして軽く握り、





受けの人に手をとってもらいます。





この時、手を持たれていると思うと





それだけで氣が引っ込んでしまいます。





手を持たせていると思うと、





ブラスの氣が出る、と教わりました。
 

 

 

 

 

 

この時点では





お互いが違う景色を見ています。





氣の流れも逆方向です。





力で動こうとすると、相手も力を入れて、





力と力がぶつかってしまい、





体を動かすことができません。





仮に、強い力で強引に動かせたとしても、





とても嫌な氣持ちになります。





まず、持たせている手を忘れて、





ぶつからないところまで、





相手に臍下の一点を近づけます。





相手との距離が離れていると、





力で動かそうとしてしまいます。





師範に手を取っていただいたとき、





「もっと近づくんやー」と教えていただき、





その通りにすると、ぶつからずに





動くことができました。





相手に臍下の一点を近づけることで、





相手と一体になり





動けることがよくわかりました。





引き続き、師範に手を取っていただき、





転換しようとしましたが、ガチーンとぶつかってしまい、





一歩たりとも動くことができません。





自分の思う方向に、相手を導こうとしたとき、





強引に連れて行こうとする





私の悪い癖が出てしまいました。





腕の力を抜き、相手の腕に載せ、





肘頭辺りに重みをおいて、





相手を氣にせず、





手と視線を進む方向に向け、





臍下の一点から足を踏み出すと、相手は氣持ち良く





ついてきてくれます。





自分が力を抜くと相手も抜いてくれます。





これも実体験させて下さいました。





師範の手を取らせていただく、





これほど貴重な事はありません。




いつも感謝します。





氣を出し、





相手の心を知り、





氣を尊び、





相手の立場に立つことができました。





ここからは率先窮行です。





相手と向かい合って、相手の手をはずします。





無理にはずそうとすると、





又々、力がぶつかってしまいます。





自分の姿勢を低くして、





掴ませている手の肘を下げ、





相手の顔の方に





姿勢を元に戻しながら近づけていきます。





すると相手は手を持っておれなくなり、





自然にはずしてくれます。





外した手を持ち、





下方向に導き、手首を固めます。





丁寧で暖かいご指導、ありがとうございました。





(行書)

師範が、楷書、行書、草書のちがいを





解りやすく、表現してくださいました。





楷書では、





一コマ一コマを、丁寧に教わります。





行書になると、





コマ送りが少し早くなる。





草書は、





途切れなくさらに速くなり、連続した動きで、





完全に動画になります。





行書の片手取り転換一教では、





転換して相手を導くとき、





顔を進行方向に向けたまま、





導く方向に指を指して、





回りながら連れていき、






受けの手を、





下げて上げて下げる。





下がったら上がろう、





上がったら下がろうとする





人間の習性を利用する。





最後に手首を氣で抑える。





師範はいつも





理に叶った動きを親切に教えて下さいます。





肘の重みは、





肘頭を意識すると、腕に力がはいらない、





など、ご自分が会得された事を、





惜しげなく私たちに教えて下さいます。





技がそれらしくできたときには、





「大分ええぞ❗️」「バッチリや❗」





と褒めて下さり、





また意欲が湧きます。





受けも投げも、





相手の氣を尊重した、





片手取り転換一教草書の演武は、





大きな鳥が舞を舞っているような





印象を受けます。





行書の受けを取らせていただいたとき、





私はまだまだ力が抜けていないと感じます。





力を抜き、氣で受け身が取れるように、





稽古を積んでいきます。





習ったことを人に伝えると同時に、





正しい努力を積み重ねて





正しい力を、つけていきます。





未熟者ですが、





今後ともよろしくご指導お願いいたします。

 

 

 

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 

助教 石井ひろ子

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

日々の稽古 「自分のために徳を積む」月曜日 鈴蘭台教室 7/29 2019 文 助教 石井ひろ子

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 

 


日々のお稽古




鈴蘭台教室 少年部 親子 合氣道
18:00〜19:00


本日は体験者が一名ありました。

 

 

 

 

見学体験の方は、親子の予定でしたが、

 

 

 

 

事情でお母さんのみ来られていました。

 

 

 

 

体験者が来られたとき、

 

 

 

 

はじめに、

 

 

 

 

立ち姿の統一、

 

 

 

 

折れない腕、

 

 

 

 

持ち上がらない体

 

 

 

 

などを体験されます。

 

 

 

 

物体の重みは下に在ること、

 

 

 

 

心が体を動かす、

 

 

 

 

心と体は一つであること、

 

 

 

 

 

真のリラックスとは、

 

 

 

 

など、天地の法則を

 

 

 

 

体験を通して、解りやすく、

 

 

 

 

師範は教えて下さいます。

 

 

 

 

今日の体験のSさんは、

 

 

 

 

体験の一つ一つを素直に実感され、

 

 

 

 

 

「不思議〜、狐につままれたみたい〜❗️

 

 

 

 

と、感想を述べられていました。


 

 

今までに体験した事のないことを知り、

 

 

 

 

知らなかった事を学ぶ。

 

 

 

 

Sさんの喜びを感じ、感動しました。


 

 

今日はSさんに、後ろ受け身技をお伝えする機会を与えていただきました。


 

 

 

人に教えてこそ、上達する、


 

 

 

と師範はいつもおっしゃいます。


 

 

 

自分はできているつもりでも、


 

 

 

いざ、人に伝えようとすると、うまく伝わらない。


 

 

伝えようとしていることが伝わり、


 

 

 

その人ができて初めて、

 

 

 

 

その技が、自分のものになるのです、と。


 

 

 

「一日習えば、一日分の師」


 

 

という、藤平光一先生のおことばを謙虚に受け止め、


 

 

親切に、熱心に、


 

 

これからも与えていただく、このような貴重な機会を大切にして


 

 

成長していきます。




本日のお稽古
 

 

 

 

立ち姿の統一
 

 

 

 

 

折れない腕
 

 

 

 

 

持ち上がらない体
 

 

 

 

 

後ろ受身技
 

 

 

 

 

片手交差取り四方投げ



 

 

 

 

大人の部19:00〜20:30


 

 

 

来日されているAさん。


 

 

 

どこの国に行っても、まず合氣道教室を探し、


 

 

 

今回日本でも、自分で探して、寺崎道場に来られました。


 

 

 

合氣道が大好きです。


 

 

 

聞きなれない日本語も一生懸命、理解しようとされます。


 

 

 

技に関しては、師範の言われる事を真剣に聴き、


 

 

 

一つ一つ丁寧に正確に覚えようとされる姿に、頭が下がります。



 

 

組んで技のお稽古をする時も、

 

 

 

 

「待って待って」と

 

 

 

 

 

自分が納得してから次に進もうとされます。


 

 

 

正しい努力は、正しい結果を生み、

 

 

 

 

それを積み重ねていくことで、正しい力がつきます、


 

 

 

と師範は教えて下さっています。


 

 

 

 

Aさんの姿を通して、


 

 

 

 

そのことを学ばせていただいています。


 

 

 

本日のお稽古内容
 

 

 

 

心身統一の四大原則
 

 

 

 

 

「氣」の文字の由来
 

 

 

 

 

立ち姿の統一
 

 

 

 

 

あぐら姿の統一
 

 

 

 

 

片手取り一教転換楷書
 

 

 

 

 

 

小手下ろし技
 

 

 

 

 

 

呼吸法

 

 

合氣道琴心館寺崎道場 助教 石井ひろ子


 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで


 

日々のお稽古「争わない心、プラスの心を学ぶ」水曜日 上沢教室 合氣道 大人の部 7/24 2019 文 助教 石井ひろ子

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで

 

 

水曜日  上沢教室合氣道  大人の部

19:00〜20:30

 

 

 

本日の稽古

 

 

 

 

片手取り両手持ち前方投げ 楷書

 

 

 

 

片手取り呼吸投げ切り返し  行書  草書

 

 

 

 

呼吸法

 

 

 

 

まず、師範がして見せて下さったことは、

 

 

 

 

力で投げようとすると相手の力とぶつかってしまい、

 

 

 

 

相手はついてこないし、投げられない。

 

 

 

 

 

という事でした。

 

 

 

 

相手を氣持ち良く導くためには、

 

 

 

 

相手と争わないこと、

 

 

 

 

を再度学ばせていただきました。

 

 

 

 

日常生活においても、人と相対したとき、

 

 

 

 

 

その人が、何を考え、何をしたいと思っているのかを知り、

 

 

 

 

相手の立場に立ったうえで、ぶつからずに、氣で相手を導ければ、

 

 

 

 

良い人間関係を保てる。

 

 

 

 

 

合氣道を学ぶ中で、いつも師範は教えてくださいます。

 

 

 

 

 

 

正しい事を学び、

 

 

 

 

 

一つ一つ積み重ねていくと、

 

 

 

 

 

潜在意識にはいり、身についていきます、と。

 

 

 

 

合氣道を学ぶ中で、自分の悪い癖をなおし、

成長していきます❗️

 

 

寺崎道場 助教 石井ひろ子

 

 

お問い合わせ・無料体験はお氣軽に

合氣道琴心館寺崎道場まで